全日程修了

受験してきました。
美術解剖学というちょっと特殊な専攻です。

1日目
1限目 英語の日本語訳
    うーん。なんとかしましたが、3問中1つだけ2行しか翻訳できませんでした。
    村上春樹の「ハイブリット」は、辞書引き速度と言い回しに対応できるっって効
    果だけはあったのかな。
    でも解剖学的専門用語は辞書に載ってません。。
    1問目の 「The Skeleton」(骨格標本)に関しては完璧に訳したと、
    思っています。(好きだから)日本語に直すと5行くらいだったものに1時間
    費やしたけど...

2限目 小論文(っていうか...) 
    大学院に入ってからの2年間の研究計画を立てなさいだって
    三枚ほどイラスト入りで書いた。多分3000字くらいかな。
    計画っていうか、今までやってきた事を項目立てしただけだった(しゅん)
    後ろの石の人に「あの人すげー書いてた」っって陰口言われました。
    確かに3枚用紙を配られて、全部ビッチリ書いてしまいました。
(2枚程度って書いてあったけど...)

2日目 


1限目  面接
    受験番号がものすごい早いのです。
    朝の集合時からドッッキドキな訳なのですよ。
    そしたら。前の人が人身事故関係で遅れまして、あわよくば一番のりで面接し
    かねなかったんだけど、思ったより早めに来てくれたので、実質の順番で面接
    でした。(でも十分緊張効果はありました)
    面接官三人中真ん中のひとりが微動だにしないという不思議空間で10分間
     しゃべり続けましたが、、、、肝心の「なんでこの研究室を志望したのか」
    に 関してはあまりはなせなかった気がします。
    弁論はなれてないので質問攻めに なりたかったのに...

2限目  観察力テスト
    まあつまりは、鉛筆デッサンです。
    一番得意科目です。
    顔を観察しろという課題でした。
    と、言う事で、花粉にやられた「肌トラブル」を描きました。
    久々のデッサンでしたが、これだけは自信があります。

っと、言う事でとりあえず全部出してきました。
お昼休のひとりっきりをどう過ごすか、心配でしたが(特に2日目は、面接が早かったので三時間も暇)2日間にかけて、違う科の友人達も受験で来てたので搬入を手伝ったり等、楽しく過ごせてリラックスできました。っ帆


そんなこんなで発表まで相当あります。
明日からのフワフワな時期をどう乗り越えるかが今後の課題となります。。。
呑んだり片付けたり、散歩したりで忙しいけど


でもあしたはいそがしかー

ミスチルのファスナーです。なんか気になる曲です。特に最初の方の歌詞
by teta_bouddha | 2009-02-05 22:28 | exhibition & more


仏のための仏による仏


by teta_bouddha

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

biography
exhibition & more
33PRJ+Workshop
TETE ART×EAT
ivent
art work
Drawing
bouddha
news
want
recipe

otoflame

画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
more...

link

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト