カテゴリ:exhibition & more( 45 )

やだー


「やだー」が口癖みたいってことを教えていただきました。

其の1
最近、「8」という算数字と「八」という漢数字になぜか似ている意味がある事がどうしても気になる。

「∞」は「8」を横にした形
「八」は「「八百万(やおよろず)の神」とか「八卦」とかに使われるようにいっぱいの数やら全ての事を意味したりする。古代日本においては、「 八」は聖数とされ、また、漠然と数が大きいことを示す。
発祥の地がそれぞれどこなのか知らないけど、どっちも「いっぱい」ってことですか?
だれかスッキリ教えてください。


其の2
あ、あと「人立入」。明朝体だとわかりにくいけどゴシック体だと中心から鏡みたい。
すみません、ただの発見でした。だって、毎日駅の電光掲示板に流れてるものだから。。。


f0074365_374228.jpg

f0074365_375552.jpg

f0074365_383634.jpg

今111本目。。。なんとか間に合うかな!
by teta_bouddha | 2009-08-09 03:10 | exhibition & more

8月1日 晴れ 家でデジタル作業

f0074365_212969.jpg


とりあえず部品たちをシンメトリーに並べてみました。



       。。。。。。リポビタンいっぱい買おう。。。


      そうそう、そういえば今年、4年ぶりにエレグラが復活する。。
    3年前いこういこうって楽しみにしてたら突如開催しなくなったあの電気祭り。


HPが出来てた。

大好きなClarkが出る。いかなきゃ。
by teta_bouddha | 2009-08-01 21:24 | exhibition & more

看板をお仕事しました



 ついこないだまで働いてたうどん屋さんの看板をデザインしました。
湘南ツーリングのついでに寄ってみたら、出来上がってました。

f0074365_0303516.jpg



照明を支持体にする事を前提にシンプルな見え方を追求したらこんな感じに仕上がりました。


うどん屋なのに、バラ丼とバラ塩って言う名物肉料理をおしまっくってます。

この仕事は考えるのがたのしいので絶賛受付中です!!!!!

鎌倉ですっと展示中です!見に来てね!!!(あんまし近くでみない事)





f0074365_0374477.jpg



  こういう風に出来上がるとうれしいですね。

オラファー、タレル、利休、田淵俊夫、ラトゥール、バラガン、リベスキンドに土門拳。私の好きだと言える作家達が最近ちゃんと上がるようになってきました。


そういえば、最初のテーマは光だったし、そういえば白と黒のコントラストが最強だったし、なんか光るもんをつくりたいです。

CGの次は鉛筆、その次に絵に戻れる事を期待して、そろそろ上半期が終了。


アグレッシブな作家でデザイナーで、
            ゆくゆくはTETTAブランドを確立して、
                                 




                   やってやりますよ〜
by teta_bouddha | 2009-06-22 00:48 | exhibition & more

人間の一番好きな部分は手だな。

一度お休みしていたのですが、活動開始しました。
ちぎって貼る。夏までに千本!夜中に10本切る。


右手ちぎる


左手ちぎる


というように、新発売したSALをスタッフ権限でもらいまして、遊んでます。
もう社会に出て2ヶ月。完璧に2重生活!昼間はエクセルとセレブと戦い、夜はフォトショとアートとたたかってる......のか?

SAL、実はただいま完売中です。私も個人でリーフグリーンのを予約したのに、お客様優先なので、待ってます。(初期入荷数上回った予約数)

いうか、もらえんのかよって思ったけどブラウンだったので、グリーンが手に入った暁にはブラウンを安く売るんで、希望者募ります。シェアしましょ?

で、さるサルいっててもうしわけないのですが、実はこっちでもブログ書いたりするので、良かったらみてね!
by teta_bouddha | 2009-06-02 01:50 | exhibition & more

メラメラとふつふつ








どーゆうふうに生きても後悔する事はあるし
   でも
      逆に得るものもあるんだって思ってる



           修了制作の終わりからだいぶ時間がたってしまった
           展示作業とかでのインスタレーションとか、受験でのデッサンとか
           そういう事で生業は行っていたけど

なにがやりたかったんだっけ?

って半年くらい前から思うようになった

 素直になる事は、見る人も素直にできるんだと
                  今日アーティストと会話してまた 思った


 とりあえず私はアグレッシブだけどテキトーだから

テキトーは適当でもあるのだから
         そこを素直に受け入れる事はとても重要なんだ

   
  絵がとても描きたくなった
  欲望に忠実になる
  今の自分のリアルなものを描きたい
  


「好き」は単純な事じゃない
単純に「好き」だけど それは同時に「重荷」にもなる

 でも「重荷」を軽減もする


絵が描きたくなった
良い展示を見て 良いアーティストさんに出会った
ココ

絵を描くこれからにあたっての勇気がわいてきた

f0074365_0245086.jpg

そしてやっぱいらなかったのでAKARI様はお家に戻ってきたのです
利休はいます さりげなく
by teta_bouddha | 2009-02-20 00:27 | exhibition & more

全日程修了

受験してきました。
美術解剖学というちょっと特殊な専攻です。

1日目
1限目 英語の日本語訳
    うーん。なんとかしましたが、3問中1つだけ2行しか翻訳できませんでした。
    村上春樹の「ハイブリット」は、辞書引き速度と言い回しに対応できるっって効
    果だけはあったのかな。
    でも解剖学的専門用語は辞書に載ってません。。
    1問目の 「The Skeleton」(骨格標本)に関しては完璧に訳したと、
    思っています。(好きだから)日本語に直すと5行くらいだったものに1時間
    費やしたけど...

2限目 小論文(っていうか...) 
    大学院に入ってからの2年間の研究計画を立てなさいだって
    三枚ほどイラスト入りで書いた。多分3000字くらいかな。
    計画っていうか、今までやってきた事を項目立てしただけだった(しゅん)
    後ろの石の人に「あの人すげー書いてた」っって陰口言われました。
    確かに3枚用紙を配られて、全部ビッチリ書いてしまいました。
(2枚程度って書いてあったけど...)

2日目 


1限目  面接
    受験番号がものすごい早いのです。
    朝の集合時からドッッキドキな訳なのですよ。
    そしたら。前の人が人身事故関係で遅れまして、あわよくば一番のりで面接し
    かねなかったんだけど、思ったより早めに来てくれたので、実質の順番で面接
    でした。(でも十分緊張効果はありました)
    面接官三人中真ん中のひとりが微動だにしないという不思議空間で10分間
     しゃべり続けましたが、、、、肝心の「なんでこの研究室を志望したのか」
    に 関してはあまりはなせなかった気がします。
    弁論はなれてないので質問攻めに なりたかったのに...

2限目  観察力テスト
    まあつまりは、鉛筆デッサンです。
    一番得意科目です。
    顔を観察しろという課題でした。
    と、言う事で、花粉にやられた「肌トラブル」を描きました。
    久々のデッサンでしたが、これだけは自信があります。

っと、言う事でとりあえず全部出してきました。
お昼休のひとりっきりをどう過ごすか、心配でしたが(特に2日目は、面接が早かったので三時間も暇)2日間にかけて、違う科の友人達も受験で来てたので搬入を手伝ったり等、楽しく過ごせてリラックスできました。っ帆


そんなこんなで発表まで相当あります。
明日からのフワフワな時期をどう乗り越えるかが今後の課題となります。。。
呑んだり片付けたり、散歩したりで忙しいけど


でもあしたはいそがしかー

ミスチルのファスナーです。なんか気になる曲です。特に最初の方の歌詞
by teta_bouddha | 2009-02-05 22:28 | exhibition & more

修了制作

f0074365_0582082.jpg


年が明けたと思ったらいきなり批評会でした。

昨日今日は先生達と最後の語らいでした。

もうほんとに最後なんだなって思いました。

「ひとりでやったのか?お前は(体が)小さいのに、凄いよ。次はアーティスト同士として語り合おうな。」

危なく泣きそうになりました。

多摩美術大学に入って6年。集大成が出来上がりました。
油画専攻に入学して、油彩以外の事もたくさんやって、最後は油彩で終わりました。


作品の公開は、(後日詳しくお知らせしますが)
五美大展(新国立美術館)で2月19日(木)~3月1日(日)と
学内展(多摩美術大学構内)3月20日(金)~3月23日(月)
で行われます。
五美ではインスタレーションまでできないので絵画1点のみの公開です。
だから空間を感じていただくべく、学内展にくる事をオススメします。


明日は壁を全部ホワイトに戻さなければならないのでまた早朝出勤です。
いい色なのにな...。
by teta_bouddha | 2009-01-09 01:16 | exhibition & more

壁です


 お金がないのに5万円もするワンピースが欲しい、今日この頃です。

だめです!自制心自制心。


f0074365_2254335.jpg

仕上がっていませんが、額装してみました。自作の黒竹額です。

巨大になりました。
幅約3m、高さ約2mの壁です。
もう壁にしか見えません。
そこは狙っていたとこなのでいいです。

あと、もう少しで修了制作も修了せねばならぬ。

しかし、あさってはクリスマスイブ!

素敵な夜が過ごせますように!!!!(懇願)
by teta_bouddha | 2008-12-22 23:00 | exhibition & more

残酷なまでに美しい未来…愛だけでは君に届かない

GATTACAを観ました。
f0074365_0422392.jpg

もう10年前の映画だけど、最近友人に勧められてやっと観ました。

キャッチコピーの通り、残酷にまで美しい世界観。
食べていたおでんと飲んでいたビールがすっかり常温になってしまうほどの映像の美しさ。
映像だけでなくて、ストーリーもすばらしいです。

決して遠くない未来、遺伝子操作によって完璧な人間が創り出される
時代に自然出産で生まれたビンセントは生まれた時点で「不適合者」とし
ての人生をおくることになったが彼には夢があった…。その夢のため彼は
ジェロームというエリートの体を借りて「ガタカ」に入り込む…。


最後マジで泣きました。ジュード・ロー……!!!

そして、ユマ・サーマンが本当に美しい。

とにかくすっごいおすすめです。美しくて切なくて、、

f0074365_046811.jpgf0074365_0462941.jpg


で、すっかり寒くなりましたね。とっても寒いです。

そして、もうすぐ修了制作も佳境...な、はずなのですが。

f0074365_0485877.jpg



全く終わる分けない感じです!ギャー
by teta_bouddha | 2008-12-17 00:50 | exhibition & more

旅にでる前に


 
f0074365_1235910.jpg

なんとかここまで...。
どうなるんだろうコの絵。


f0074365_1251876.jpg

鱗。なんか張り切りすぎてまた右肩がつらくなった原因。



f0074365_126167.jpg

墨段階(水性)をクリアしたので、板の地を油性にかえます。
リンシードオイルを全面に塗りたくり、平置きにして放置(1週間)。
そして木目が強く浮かび上がるのです(板のコンディションによって変わるので来週までのお楽しみ)


ってーことで、
明日から一週間北京に行って参りまーす。作品がちゃんと届いてんのか?と空港で襲撃とかされないか心配です。
北京には国際批評会という大学院のプログラムでいきます。

co-core(ココア)っていうかわいらしい名前の危なげなプロジェクトです。
要は、作品もっていき、向こうの大学で展示・発表して、批評するってことなんですが、、、

教授様は歴史に残る第一歩だとかいってますが、とっても不安定な着地点なため、すごい死の恐怖。

まあ、中国楽しんでくるよ。
中華料理、研究してくるので、誰か試食してくださーい。
鳥の巣と798と故宮博物館が楽しみです。竹の家も行きたかったな!
by teta_bouddha | 2008-11-25 01:54 | exhibition & more


仏のための仏による仏


by teta_bouddha

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

biography
exhibition & more
33PRJ+Workshop
TETE ART×EAT
ivent
art work
Drawing
bouddha
news
want
recipe

otoflame

画像一覧

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
more...

link

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト