<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

六本木は七本木


 本日は、昨日の「まさかのFちゃん家」から帰還し、リハビリを受けた。
うけたはいいが、恩師の海老塚先生によるとこの症状はどうやら、ペインクリニックに行った方がよいらしい。
ペインクリニックとは痛みそのものを感じなくする薬を投与してくれる病院。調べたら、つまり麻酔科、ということらしいが。
 アーティストとしてはかなり致命的!
否!大ジョブきっとなおる!まさかの時ににはペインクリニック行きまスシ!




.....と、言うことで今日は六本木にいって来ました。(六本木という言葉をを聞くとどうしてもへうげものを思い出して思い出し笑い。。。)

そしてセレブ気分を味わう。
f0074365_23114243.jpg

友人のバイト先が六本木のネイルサロン。
そこでモデルとして無料でペディキュアをしてもらった。VIPルームで3時間。
きれいなターコイズブルーに蓮のネイルアート。(観音仕様)
楽しかった!


f0074365_23181434.jpg

そしてアネットメサジェ@森美術館に駆け込みで行ってきた。
カワイい様相と、裏(というかあからさま)に潜んだ醜さにドキドキした。
女性だなー。っと思った。


 あぁ先輩!  



茂木健一郎がこんなことを言っている。
『本物のアーティストは毒を持ってるんですよ。自分の中に一匹カイブツを飼っている人でないとアーティストにはなれません。ただそれを他人にネガティブな感情で吐き出すだけでもやっぱりアーティストにはなれません。いかに自分の中の毒を美しいものに転換するか。白魔術なんですよ。ホワイトマジック。』

ホワイトマジック使えこなせるようにならなくては!
そして、もっと毒を蓄えなきゃな。


もうすぐ芸祭でミスコンだというのに、止まらない食欲でぶくぶく肥やしていきます。食欲の秋のマジック!




f0074365_2329317.jpg


ヒルズはすっかりキラキラな装いでした。いま六本木はデート日和ですよ!
by teta_bouddha | 2008-10-29 23:30

カレーのパーティー

f0074365_0221949.jpg

 ドイツから帰還してきた友人のためにみんなを集めてカレーパーティー
を開催しました。
 インド風チキンと豆のカレーとほうれん草のカレー。
どっちもおいしくできた。インドカレーって意外と簡単。

用意していたレシピには4人分と書いてあったのに、どう考えてもその倍以上の量が出来上がるというマジックが発動いたしまして、、、。

買い物中からおかしいなとは思っていたけれども、
だって、鳥の胸肉6枚とか、ほうれん草9束とか、カルダモン80グラムとか?

胸肉多すぎでしょう、どう考えても!

ま、でもおいしく、楽しくできたからいいです。

f0074365_0222974.jpg


そして、もうすぐハロウィン!カボチャのケーキも振る舞いました。
むしろ私はケーキ作りに精をだし、カレーは確認だけ。

ほぼオリジナルで適当に作ったケーキがこんなにおいしくできたことに感動。
ポイントはオレンジだな。
みんなが集まってなんかつくって食すのは楽しい... .

もうすぐ寒いから鍋だな。
今年は何鍋がいいかな。
by teta_bouddha | 2008-10-27 00:32

 多摩美の芸祭もあともうちょいよ



 もうすぐ、学生最後の芸祭。

今年は、なにもしねえっ、呑んだくれてトラ箱(つぶれた人の休憩所)に行ってやるって心に決めてたのに、、、
なぜだかミスコンにエントリーしちまった。

ということで、私、ミスコンに出ます!エヘ

f0074365_0291817.jpg

もちろんギャグですよ。キワモノでグランプリとるのよ。観音様で出ます。

多摩美の芸祭
日程 11月1(土)/2(日)/3(月)の三連休
場所 八王子キャンパス
 
今年はちょっと、大物来ちゃうね。

f0074365_0334278.jpg

しょっぱな、1日にsherbets。
sherbets↑。

まさか、あの浅井健一(元ブランキー)を自分の学校で見るとは思わなかったけど。でも去年とかよく考えたらego-wrappin'とか来ちゃうし。
楽しみだけど、ファンがいっぱい来そうでちょっと怖い 。

ちなみにミスコンの審査は2日目の夕方。
3日目はなんか若いコ達が御神輿に乗せてくれるんだって。

万が一グランプリとったら、3日目は模擬店小町として「クロコダイルダンディー」ってお店でまってます。


つまり、ほぼ毎日観音でいなきゃいけないのか?(おなか冷えるー)


そして、きょう、右手のしびれが気になって病院ついに行きました。(日曜から痛い)
首の椎間板が痛んでるらしい。(やだ〜)
首の筋力が弱いから鍛えなきゃいけないらしい。(でも鍛えて太くなりたくない。)

週3でリハビリです。。
シャブも大量です。。。

またやせそう。
そして千歳飴なめてたら、かぶせてた銀歯もとれた。

もう至れり尽くせりですな!(涙)


芸祭、とにかく楽しもう!みんなおいでよー!
by teta_bouddha | 2008-10-24 00:54

ウサウサビッチビッチ!


店長に教えてもらった。すごいはまった。
家帰ってきてから27話まで全部見ちゃった。(1話につき1分半。)
f0074365_114255.jpg

左から、
 キレネンコ   プーチン  レニングレート コマネチ

  
ウサビッチ

どうやら、最近MTVでやってる巷で話題のウサギ脱獄アニメ。


超かわいい。プーチン超キューツ。
フィギュアを誰か私に与えてくれれば願いを叶えたもう。

今日早速ヴィレヴァン行ってキーホルダー見たけど、もっと大きいのが欲しいのであきらめた。


こういう不条理アニメってすごくいいわー。
ビーバス&バッドヘッドとかオギー&コックローチとか、実家住まいの時はケーブルテレビだったからよくみてたなー。最高なのはやっぱサウスパークだけど。
by teta_bouddha | 2008-10-21 01:46

みんな同じだな、っと思った


 昨日は、線の巨匠たちを芸大の美術館まで見に行きました。
f0074365_23533544.jpg


よかった。線きれい。うめえ。くやしい。きっと自分より若い時のやつだったりするんだろうけど、本当うめえや。

いま修了制作をどうしていくか迷っている。(だから出かけてます)
そして面白そうな展示目白押し。
・アネット・メサジェ 「聖と俗の使者たち」
・セカンド・ネイチャー
・安藤忠雄 「挑戦 ー原点からー」
・巨匠ピカソ: 魂のポートレート(ピカソはこっちでも同時開催ね!)
・ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情
・Art of our time

ああ、全部いけるかしら。

お金がなさすぎます!

こういうとき、芸大生だったら、って思うよ。(アトリエがアレでも立地が最高)
ああ、芸大行っときゃよかった!って今更ながらに思います...。

でも、現代アートもおもしろいけど、やっぱり昔の人たちのはとても勉強になる。はっきり言って今残ってるって言う時点ですばらしいことです。今の現代アートの中から後500年後にちゃんと残ってる物なんてほぼ無いんだろうね。
どんなにいい素材使って、腐らないようにするかが実は問題じゃなくて、よい作品は不安定な材料を使っていてもちゃんと保存してくれるって言うのがミソよね。

かのレオナルド様の絵の具はひどい材料でも500年残ってますものね。
黒なんかタールだってどっかの本に載ってた。




昨日は昔恋した友人に1年以上ぶりにバッタリ。弱冠おっさんになってしまったけどイケメンはイケメンですよねー。まさかiphone所有者になってるとはー。笑えます。さすがです。

そして愉快な3人と飲み会。
やべえ楽しすぎた。そしてエグすぎだってば。鼻から血が出そうダタヨ。
そして出会った時計。


f0074365_05248.jpg

やべえカワイいじゃねーか。欲しいなこれ。喉から手が出そうダタヨ。
でも奴とかぶりたくない...。


SEIKO MOVING DESIGN COLLECTIONっていうシャレオツなSEIKO時計。。。特にベルトの部分がとてもよいのよ、私は。
by teta_bouddha | 2008-10-19 00:41

好きでもなく嫌いでもない道をふらふらと


  「 自分が幸せになるためには、他人をまず幸せにしろ。」

というのが、ここ最近の私のコンセプト。

   逆も言えるけど。「自分が幸せなら、他人も幸せにできる。」

情けは人のためならずを私的に解釈してるだけですが。
f0074365_1111930.jpg

耳かきされてる釈迦


f0074365_112853.jpg

阿修羅


f0074365_1124390.jpg

月光



f0074365_1131272.jpg

日光


f0074365_114269.jpg

弥勒の手


卒制ちょっとだけ進みました。
板に鉛筆。結構きれい。

鉛筆がやはり一番すき。大好き。
   (これからこの作品は 鉛筆→墨→油になっちゃうけど。)
鉛筆いいな、やっぱり。金かかんないしな!!!!
by teta_bouddha | 2008-10-17 01:25 | exhibition & more

伊東豊雄 の中で。

 
我が大学で一番有名な場所。

f0074365_1555284.jpg


それは昨年できた 図書館。
それは、 伊東豊雄 の建築。

昨日まで、実はその中で展示していました。

そして昨日は批評会でしたー。



「noborder 」
とう展示で、
ファインとかデザインの壁を取り払って展示講評をすると言う学生主体の企画。

f0074365_152212.jpg

 この企画のおかげで、いろんな専攻領域と交流することができるようになり、いろんな作品も見れるようになった。
私は大学院2年で、今年で卒業してしまうので今回の展示が最後になってしまうけど、
せっかく出来上がったこの団体での展示は引き継がれていくといいよね。

ファインの先生がデザインの学生作品を批評。
デザインの先生がファインの学生作品を批評。

簡単そうで、今までなかった大変なこと。
新しい発見。
主観重視、客観重視のどちらに重きをおくかで見え方が180°違う。

不思議。


f0074365_1516444.jpg

f0074365_1516251.jpg


代表のイタル様、おつかれさまでした。そしてありがとう、涙。
f0074365_15245127.jpg


f0074365_11103545.jpg

by teta_bouddha | 2008-10-12 15:26

昔の人たちにどうあがいても勝てない。

 
 勉強になるかなって思って、東京写真美術館に出かけました。


「液晶絵画」
チウ・アンションの「新山海経・二」が結構おもしろくて、
その不条理な展開が30分間、私を動かさなかった。

f0074365_22242710.jpg


作品数は少ないのだけれど、すべて動く映像作品なわけで全部見こなすのは大変だ。
まあまあ面白かったけど、ねえ。でもなんかどうなんだろうねえ。

最近ほんとに思うけど、現代美術って何だよ。コンテンポラリーって。
私何やってるんだろう。

私 普通に 絵 かきたい。

現代美術を堪能した後、
東京国立博物館の「大琳派展」にいきました。
なんだかこないだの「対決展」とかぶる気もしなくはなかった。


でも結構有名なのとか
宗達のぞうさん(白象図杉戸)とか見れてよかった。
f0074365_22445330.jpg


卒業制作の参考になる作品がたくさん見れていい勉強になりました。

酒井抱一と鈴木其一が繊細でかわいかった。色もすごくきれい。
「琳派」て言うのは「狩野派」と違って、
光琳の様式に憧れて勝手に引き継いだ系統のことを言うんだった気がするけど、憧れてあそこまでなれるっていいなあ。

と、言うことで

f0074365_2344040.jpg


「尾形光琳 風神雷神BE@RBRICK」3000円

買っちゃったー。散財!
by teta_bouddha | 2008-10-10 23:25

二重生活もめんどくさい

 
 まあ、めんどくさいし、せっかくブロガー復活してみたので
やっぱり今日からこっちにします。


 禁煙始めてみました。まだ、始めてから7時間くらいだけども。
 
12年間ともに生活してきたタバコ。思い出が一杯です

初代(14歳初タバコ)
f0074365_22442431.jpg


高校生時代
f0074365_2245084.jpg


受験生時代〜大学3年
f0074365_22453624.jpg


大学4年〜
f0074365_22463045.jpg


まあ、いろいろ浮気もしたけれど、やっぱラッキーストライクはおいしいから戻ってきちゃうよね。あの尖った感じがたまらない。

なんてこんな日記書いてたら、、

ものすごく吸いたい気分に!

no!
今の美肌を保つためにやめるもん
by teta_bouddha | 2008-10-09 22:50

新しい時計

assistOnでみつけましたー。
f0074365_042998.jpg

MONDAINE "evo" wrist watch
これすごい欲しいです。
とても洗練されていてきれい。いいなあ


スイスの駅のホームの時計がモチーフなんだって!
f0074365_0463174.jpg


かわいいいいい。

腕時計が昔から大好きで、中学の頃から気に入ったものがあると即購入。
鉄コン筋クリートに憧れた時期なんかは片腕に二個ずつ付けてたことも。

今は
7年前くらいに誕生日にもらったゴールドのデータバンクと2年前に誕生日にもらったアクセント オブ スカンジナビアのEXPOSUREを毎日どっちか付けてます。
by teta_bouddha | 2008-10-08 01:18


仏のための仏による仏


by teta_bouddha

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

biography
exhibition & more
33PRJ+Workshop
TETE ART×EAT
ivent
art work
Drawing
bouddha
news
want
recipe

otoflame

画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
more...

link

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト