<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月のワークショップ日程発表!&募集!「三十三間堂プロジェクト」千仏顔を作ろう!

こんにちわ!TETTAです。
三十三間堂プロジェクトももう1周年がたち、参加者は460名を突破!!6月は折り返し地点の500名越えを目指して行きたいと思います!!なので皆様どしどし参加をー!

f0074365_1551690.jpg




今月も2度目のご参加はあたらしい「お友達をつれてくる」を条件に受け付けてますよー!もっかいやりたい!といってたあなた!どうぞ!


f0074365_19213973.jpg



そんな訳で、
6月の日程 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉昼の部(14:00〜) 定員:5名 (場所:アキバタマビ21)
28日(火)残り5名

◉夜の部(19:30〜) 定員:4名 (場所:アキバタマビ21)
6日(月)残り1名
8日(水)残り4名
12日(日)残り4名
15日(水)残り3名
17日(金)残り0名 定員になりました!
26日(日)残り0名定員になりました!
27日(月)残り0名定員になりました!

◉十人仏の会(13:00〜17:00) 定員:10名  場所:アキバタマビ21
11日(土)残り8名 
19日(日)残り8名

※1回のワークショップにつき、参加者から一人メイクモデル(TETTAによるメイク)として参加となります。ご了承ください。


ワークショップ内容 
 1 仏像のお話
 2 冠選び・メイクアップ
 3 撮影
 4 散策
 5 メイク落とし・アンケート

参加費:1.000円 (ワークショップ参加費及び、ロゴ入り写真データ)
備考: 印刷写真(仏番号/サイン入り)は別途500円いただきます。

持ち物:フェイスタオル、仏効果の出そうな巻物・ストール等
    女性の方/ご自身のお肌に合うファンデーション、メイク落とし(シートタイプが
    おすすめです)、お化粧水
    *ご用意できない場合はこちらで用意したものをお使いください。
--------------------------------------------------------------------------------
*ワークショップお問い合わせ・予約  
アキバタマビ21  E-mail:office@akibatamabi21.com/TEL:03-5812-4558
ご予約メールoffice@akibatamabi21.comにて受け付けております!人数とご希望日明記の上お問い合わせください!お待ちしております!
f0074365_19214573.jpg



f0074365_19214293.jpg

5月は初めて仏と天ぷらが出会いました。
6月は寿司と出会いたいです。

関連案内URL
 アキバタマビ21
3331ArtsChiyoda
by teta_bouddha | 2011-05-31 19:33 | 33PRJ+Workshop

御嶽山

御嶽山にいって来ました

f0074365_1503162.jpg


雨ふってて、少し大変だったけど、この景色が救い。わあ、生長谷川等伯。気持ちよい。

f0074365_1503366.jpg


天狗岩の上は木の根っこが張り巡らされていて凄いかっこ良かった。滑り落ちたら死ぬのでドキドキしながら岩を登って上にのってる天狗にも会えた。

f0074365_1503550.jpg


天狗の腰掛け杉。いいなあ、こだま出てきそう。ココ登りたかったけど、杉はまっすぐだからなかなか登れる代物じゃないよね。


f0074365_1502657.jpg


御嶽神社の狛犬。うんのほう。かっこいい。


この日は、大自然の中で様々な音を録音してきました。音楽作りの材料として、がつがつ山の中を歩きました。このくらいの山道をあるくの大好き。山道の所々で一歩踏み外したら、死がそこに見えてる、道幅50センチ未満のそんな道。横は谷。天狗の気分です。


神社の参道のお土産屋さんで味噌おでんを食った。ゆず味噌が美味しい。しみた。店主のおばあちゃんが85歳くらいでとてもかわいかった。なぜかしゃもじいる?って言われてもらって来た。
超かわいいおばあちゃんが、6月4日に放送のアドマチック天国に出るんだそうですよ。


そして、都会に戻って、時間がまだあったので立川でブラックスワン鑑賞。
f0074365_1502864.jpg

大好きな、ダーレンアノロフスキー監督の作品。
π要素とレクイエムフォードリーム要素が強くて、レスラーみたいな心地の良い終わり方だったような。怖いけど、こういうふうに人の心理にヅケヅケ入ってくる作品が好き。
日本のホラーに近くて、でもミュージックビデオ作ってたからか凄くリズム感があって結構長いの映画なのにあっという間に見終わってしまった。 ひさびさに、良い映画を映画館で見た気がする。
一緒に見た友人はトラウマになったらしいが、私はもう一回見に行きたいです。
でも一人でドキドキすると、レクイエムフォードリームの時のように死にたくなりそうなので、誰か一緒に見に行こうよ。


おまけに、

f0074365_1502221.jpg


卑猥なものじゃないです。後光の設計図のドローイング。適当に説明用として描いたものなんだけどやけに気に入ったノートの一枚。ていうか本当これ早く実現したいです。
f0074365_210479.jpg


そして昨日の夜は、Masayoshi Fujita&Jan Jelinekのliveに行った。

生音をその場でたくさんあるツマミがいじって行く。音の変化が予測不可能。
とても良かった。
そして勉強になったのでやはり早くMPCと七弁口琴が届いてほしいと思った。
音楽はやく作りたい。

なんだか盛りだくさんで、口笛日本一の人に出会ったり、赤天を知らない島根県人に出会ったり、菩薩カフェの話をしたり、アトリエ決めに行こうと思ったら、それが凄い良い出会いだったり、絵画作品をひたすら褒められて、いい気分の1週間でした。
いろいろインプットできたので、来月はアウトプットをどんどんして行ければと思います。
by teta_bouddha | 2011-05-30 02:21

「三十三間堂プロジェクト」ビーズアップ6月号に掲載 

  

ちわっす。TETTAです。

1周年を迎えた三十三間堂プロジェクトが、ビーズアップ6月号(2011年5月12日発売)で紹介されました!
かわいい女の子(読モ2名)に会えたのでうきうきの取材でした。


石原さとみちゃんかわえーーーー!
f0074365_1445309.jpg


中身はこちら
by teta_bouddha | 2011-05-12 14:50 | 33PRJ+Workshop

ブッダ展と五百羅漢展


 ブッダ展に行って来た。

 
f0074365_092990.jpg


すごく面白かった。
隣でやってる写楽は見ないでブッダ展だけのために上野に行って来た。
前日に8巻までちゃんと予習して行ったので、読んだところの原画が展示されてて、
え!うそーすごーい!みたいな発見もあった。
運慶が東大寺の南大門の仁王の首を直したように、手塚はシッダールタの首を丸ごと修正してるのとかちょっとびっくり。(しかもあのシーン!!)

先日ちょうど仏像のように美術史をそのカテゴリーのみで作るようなものが現代にあるかと考えてたけど、漫画なのかなとか思ったりもした。まあ、そうだろうな。

5月28日には、手塚のブッダの劇場版が始まります。
だいぶ、ストーリー違うみたいだけど。チャプラとシッダールダは漫画版では絡みないしな。


ちなみに水樹奈々さんの音声ガイド、、おすすめですよ。劇場版でミゲーラ役やってます。
会場には、漫画にあわせて仏像も展示されていてさすが東京国立博物館。
けっこう良いやつ出てます。

憧れの作品、そのオリジナルがまさか見れるとは。
私の仏作家としてのきっかけになった作品。

そして、凄い狭い会場だったのでそんな時間かからねーだろとか思ってたら大間違い。
友人とじっくりツッコミや解説をしながら見てたので1時間半くらいかかりました。
そして、グッズもかなり心くすぐるものが多いので3000円以上使いました。
タンブラーとポストカード、クリアファイル等々、、。
カタログもほしいので、後日購入しに行くと思います。

そして、次は両国へいき五百羅漢展
f0074365_0313393.jpg

狩野一信様。すげえです。見応えありすぎました。
100枚に及ぶその作品は一枚一枚が凄い細かくて、その技術やセンスも凄いけど内容も盛りだくさん。なめるように友人とココでもツッコミとか解説を入れてたら、気づいたら4時間くらいかかってました。
f0074365_0344837.jpg

               ↑爆笑を誘う一枚。ブッダビーム。

また、展示に添えてあるキャプションの解説文もすげー面白いからちゃんと読んだほうがいい。

「ビーム」て何回出てくるのよ。
「羅漢動物園」ってなによー!
手が伸びてる!ダルシムじゃねーか!ゴムゴムじゃねーか!
よく見たらこんなとこに、なんかいる!こいつら何よ!解説でてねえwww

みたいな。

そんな大興奮をしたために、DIOのスタンド攻撃並みに時が経ってたんだとおもいます。

そして、ココでは音声ガイドが大滝秀治さんでした。お金がなかったのでヤメたけど、聞きたかった。

漫画の展示の後、絹本着彩を見て来て思ったのが、ああ、日本って昔から漫画描いてるってこと。
大和絵なんかはまさに漫画ですよね。

あと、見ながらスゲー騒いでたら同世代の男の子に声をかけられた。
私が、友人にしゃべってるのを横で聞いていたらしく都内で立体で五百羅漢が見れるとこがあるのに興味津々だったので、教えてあげました。
目黒の五百羅漢寺を。
その子はもう一回見に来るそうですよ。見たりないらしい。
てか、保存状態が異常によい。絶対現物を見たほうが良いです。
写真とかじゃ伝わらない細部の表現や、色使い、発色。その素晴らしさは、現物じゃないと確認できません。
4時間、、おなかがグーグーなってるのも我慢して友人と二人凄く楽しめました。


あ、今週の土曜日美の巨人で特集です。面白そうだからみてみよう!
by teta_bouddha | 2011-05-04 01:11 | bouddha


仏のための仏による仏


by teta_bouddha

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

biography
exhibition & more
33PRJ+Workshop
TETE ART×EAT
ivent
art work
Drawing
bouddha
news
want
recipe

otoflame

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

link

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト