<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年、年末のご挨拶。

2016年、あっという間に通り過ぎた一年でした。
本当に年々加速するもんなんですね。

この一年を振り返ると、大きな「初めて」がいくつかありました。

2016年が始まってすぐ、学芸員として展覧会をひとつ作りました。
f0074365_23440363.jpg


2016年の終わりには作家として海外での展示とワークショップの開催と、新しい作品シリーズ「千年の孤独」が誕生しました。

f0074365_23440463.jpg


お気に入りの数字、「33」歳から卒業して本当に、本当にショックでした。020.gif

函南での新しいアートプロジェクトが始まり、妖怪について勉強しました。

三十三間堂プロジェクトは、今年で6年目となり、参加者が1580名となりました。

来年は、どんな年かな。7の年だからと、勝手にいい年になると思ってます。

一昨年まではお蕎麦屋、昨年は年始のための壁画の準備で年越ししてましたが、今年は友人たちとまったりとした年末年始送る予定です。

でも、すぐ描けるように準備だけしてます。

f0074365_23440589.jpg


それでは
皆さま、良いお年を!

2016.12.31 TETTA



by teta_bouddha | 2016-12-31 00:00 | news

Shangri-La 理想郷という名の展覧会に参加しています

現在、中国上海市にてS-VA-HAの展覧会「Shangri-La」を開催中です。
S-VA-HAのセンター(?)として、菩薩として踊り始めて早4年。。なぜか上海!
大好きな陽水さんのタイトルがリアルに言えて嬉しい日々を過ごしています。そんな展覧会もあと3日で終了となります。
そのままもそっとおいでいただいていただきたいし、友達もさそ、さ、さそって欲しい展覧会になっています。
f0074365_22292319.jpg
f0074365_20440116.jpg
撮影:AKI SAITO
f0074365_20382168.jpg
撮影:AKI SAITO
f0074365_20382273.jpg
撮影:AKI SAITO
f0074365_20440112.jpg
撮影:AKI SAITO
f0074365_20443425.jpg
撮影:AKI SAITO
f0074365_20440788.jpg
撮影:AKI SAITO

今回はS-VA-HAのメンバーとしての作品は、リストを提出したところ中国の政府から展示の許可ができず、当初ビデオ作品がメインで投影される予定でしたが、福島の海岸で撮影された写真作品がメインとなりお厨子に入りました。ちなみにお厨子はマスキングテープでできてます。
会場には、何も写ってないモニターと大きく引き伸ばされたS-VA-HAの写真が展示してあります。
日本と違い、表現つまり芸術が社会の中でえている市民権の強さみたいなものを感じました。担当キュレーターの王慰慰さんには今回の展示で映像作品が許可が降りなかった事に対して、それだけS-VA-HAの仏教的な内容が観た人々に、中国政府には懸念材料になるくらい影響を及ぼす力があると判断されたからだと思うよと言ってくれたとのことでした。
大学生の時に絵を盗まれた時、先生から「名誉だと思いなさい」と言われたことを思い出しました。
また、たくさんの方が全く知らない日本人グループのオープニングに来てくれたことにも、芸術に対する意識が高いのだなと感じました。

この「Shangri-La」というタイトルは、理想郷。生き物が追い求めているものです。
今回の展覧会は、災害被災跡地、戦争跡地など、過去の悲しみを対象にした観光「ダークツーリズム」がテーマとなりました。
S-VA-HAは3.11東日本大震災を受けて「鎮魂」がテーマにスタートしたグループです。
許可が下りず、展示できなかった作品もあるけれど、
福島のあの海岸で三回忌をテーマに撮影した写真作品が大きく展示されている空間は、その意味を強く表していると思います。
展示の機会を与えてくれた、上海のアーティストLu-yang、キュレーターの王慰慰さん、MoCA上海のみなさま並びに上海の皆様、S-VA-HAメンバー、本当に有難うございます。
f0074365_22254138.jpg
TETTA《千年の孤独#3、#10、#7、#9》
私は美術作家として、歴史を保存したいという気持ちがとても強く、人々の歴史が見えるもの見つけた時とても制作意欲がわきます。
今回、初めて絵画作品の他に立体の作品を展示しました。
昨年、千葉の某所で見つけた「廃仏毀釈」の痕跡をモチーフにした作品です。

会期中には三十三間堂プロジェクトのワークショップも開催させてもらいました。

f0074365_21462271.jpg
6年目にして初海外となるワークショップ、海外で実現できたこと、上海の方達の肌の美しさに感動しました。
三十三間堂プロジェクト参加者はこれで1580名です。

展覧会会期は12月18日まで。

【開催概要】
展覧会名 S-VA-HA「 Shangri-la」
会  期 2016 年12 月2 日[金]〜 12 月18 日[日]
会  場 MoCA パビリオン(MoCA 上海サテライトギャラリー/中国上海市黄浦区南京西路231号人民公園7号門内)
開館時間 10:00-21:00
観 覧 料  無料
主  催 MoCA 上海
協  力 MoCA 上海、国際交流基金北京事務局、Dragon Fine Arts
後  援 MoCA 上海
展覧会URL : http://www.mocashanghai.org/en/Present.aspx

オープニングが終わった後、会場を移動して、上海のビデオアーティストLu-yangとのコラボレーションパフォーマンスを行いました。
実は、今回の展示でメインとなるはずだったのはLu-yangとのコラボ作品だったのですが、パフォーマンスとVJと言う形で実現しました。
男性ポールダンサーの飛天。かっこよかった。(と思う。※見れてないから)
f0074365_22361345.jpg
会場:am art space

いくつか、S-VA-HAへインタビューをしていただいて、展覧会に対するレビューを書いてもらったリンク貼ります。
設営風景も写ってます(Lu-yangが撮ってくれてた!)

1週間の滞在中、展示作業やイベントの合間、上海の街を散策できたのも良い経験でした。
街並み、ザ・観光地 豫園も凄かったけど、古い建物をリノベーションしてギャラリーが集まっているM50、元食肉処理場の1933老場坊、田子坊、新天地エリアを見に行けたし、夜のネオンもかっこよくて、とても大好きな街になりました。
また、上海に暮らしている友人やそのお子さんと遊べたこと、上海のカラオケに行ったのにRedioheadを中国人×日本人で熱唱したこと、とても良い思い出で、経験です。また遊びに行きたい。
カラオケでなぜか上海歌うのも忘れたし。




by teta_bouddha | 2016-12-15 22:43 | exhibition & more


仏のための仏による仏


by teta_bouddha

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

biography
exhibition & more
33PRJ+Workshop
TETE ART×EAT
ivent
art work
Drawing
bouddha
news
want
recipe

otoflame

画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
more...

link

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト